• 文字サイズ
    を変更する
コラム
  • 波崎の大タブの写真

    波崎の大タブ
    2018.3.1

    加藤まさゆき
    (ライター・理科教員)

     新しい一眼レフを買ってすぐに夢中になったのが巨樹の撮影だ。何百年も生命を保ち、うねるように育ち上がった姿は圧倒的で、いつまで撮っても飽きることがない。太くそびえたつ幹の威…

    続きを読む

過去のコラム

  • 寂心さんの樟の写真

    寂心さんの樟

    今村順次
    (樹木医 熊本県在住)

    「寂心さんの樟」は、「鹿子木親員入道寂心(かのこぎちかかずにゅうどうじゃくしん)」という、戦国時代にこの地を治めた領主の墓石が根元に祀られていることから、親しみと尊敬をこめて、そのよう…

    続きを読む

  • 湯蓋の森・衣掛の森の写真

    湯蓋の森・衣掛の森

    山本廣明
    (福岡県在住 全国巨樹・巨木林の会会員)

     西日本、とりわけ福岡県にはクスノキの巨木が数多く見受けられます。福岡市からみて東南東に位置する糟屋郡宇美町の宇美八幡宮の境内には、神功(じんぐう)皇后伝説にゆかりのある巨木…

    続きを読む

  • 葛飾神社のクロマツの写真

    葛飾神社のクロマツ

    三沢博志
    (千葉県在住 北総の森・巨樹古木研究会代表、全…

     東京湾に沿った市川から船橋、幕張、千葉にかけては、かつて松林が続いていました。今、その風景は大きく変わってしまいましたが、僅かながら残るものもあります。 JR西船橋駅から国道1…

    続きを読む

  • 宝生院のシンパクの写真

    宝生院のシンパク

    中本和美
    (香川県在住 香川県職員)

     香川・高松港から小豆島・土庄港までフェリーで1時間。土庄港からバスで約10分、小豆島八十八ヶ所霊場第54番札所 宝生院。そこに、日本最大のシンパクと言われている「宝生院(ほうしょ…

    続きを読む

  • 千葉県船橋市「道祖神社のイチョウ」の写真

    千葉県船橋市「道祖神社のイチョウ」

    渡邉尚義
    (千葉県在住 全国巨樹・巨木林の会)

     JR総武本線の東船橋駅南口を降り、JR船橋駅方向に線路に沿って歩き、突き当たりを斜め左に曲がって南に少し下った所に、小さな道祖神社があります。 そこに、こんもりと船橋市最大級のイ…

    続きを読む

  • 大徳寺の大クスの写真

    大徳寺の大クス

    T・斎藤
    (システムエンジニア/ライター)

     長崎には♪寺もないのに大徳寺♪で始まる「長崎七不思議」という、なんとも魅力的なタイトルの歌があります。その寺のない大徳寺にあるのが、長崎で一番の巨樹「大徳寺の大クス」です。大き…

    続きを読む

  • 奈良御所「風の森の大杉(大川杉)」の写真

    奈良御所「風の森の大杉(大川杉)」

    三沢博志
    (千葉県在住 北総の森・巨樹古木研究会代表、全…

     印象に残るその巨木は、奈良盆地の南端。近鉄電車「御所(ごせ)」駅前からバスで15分、「風の森」停留所より金剛山山頂を目指して徒歩30分ほどの中腹にあります。西佐味(にしさび)の集…

    続きを読む

  • 縄文杉と巨樹の写真

    縄文杉と巨樹

    C.W.ニコル
    (長野県(北信)在住 作家 環境保護活動家 探…

     日本で一番有名な木を選ぶなら、縄文杉でしょう。幹の周囲は16m10cm、樹高は30mにもなる巨大な常緑針葉樹で、樹齢は七千年を超えるとも言われています。縄文杉を初めて訪れたときに…

    続きを読む

  • 志々島の大楠の写真

    志々島の大楠

    伴場一昭
    (NPO法人瀬戸内オリーブ基金事務局 全国巨樹…

     全国の巨樹・巨木巡りを楽しんでいるみなさんのなかには、単に巨樹・巨木を見ることだけを目的とするのではなく、巨樹・巨木のもとへ旅する 過程も大事にしていらっしゃる方も多いのではな…

    続きを読む



▼ページ移動