いきものログ

ログイン/新規登録
巨樹・巨木林データベース

巨樹コラム

宝生院のシンパク(1)

2017年11月更新

 香川・高松港から小豆島・土庄港までフェリーで1時間。土庄港からバスで約10分、小豆島八十八ヶ所霊場第54番札所 宝生院。そこに、日本最大のシンパクと言われている「宝生院(ほうしょういん)のシンパク」があります。
 このシンパクは国の特別天然記念物に指定されており、シンパクのなかで唯一、特別天然記念物に指定されています。
 このシンパクは応神天皇のお手植えによるものと伝えられ、樹齢は1600年以上と推定される老巨樹で、その姿は幽玄で迫力があります。幹は地面から1mの高さのところで三方に広がっており、幹の一部は朽ちて空洞になっています。樹高は16.9m、幹回りは17.3m(平成27年 全国巨樹・巨木林の会調査による)。((2)に続く)